お尻の凝りをほぐすと、冷え症&睡眠の質を改善

全記事一覧

冷え症改善方法&睡眠の質改善方法

2019年2月25日放送
「名医のTHE太鼓判!【お尻を鍛える】★腰痛・冷え性・睡眠・歩行を改善」
で紹介されていた
「冷え症改善方法&睡眠の質改善方法」を紹介します^^

なぜ冷え症が起こるのか?

一つの原因として、お尻の凝りとして挙げられました。

お尻の凝りは、お尻の下にある梨状筋(りじょうきん)とよばれる筋肉が
固まることによって、お尻が凝ります。

お尻の下にある梨状筋は、お尻の奥にある筋肉ですが、
この筋肉が硬くなると、坐骨神経が圧迫されます。

坐骨神経は、下半身の神経を司っている
体の中で最も長くて太い神経で、
この坐骨神経が圧迫されることで
血流が悪くなって、足が冷えるという説明でした。

よって、お尻が凝ることで、冷え症を引き起こす
ということでした。

解消方法は、ソフトボールで梨状筋をほぐす

女優かとうれいこ(50)さんが
ソフトボールで梨状筋を使って
筋肉をほぐし、冷え症を改善した結果、
睡眠の質も改善したという実証を紹介していました。

ソフトボールほぐし

ソフトボールを用意します。

梨状筋(白文字★のあたり)に
ソフトボールを押して、
凝った筋肉をほぐしていきます。

以上です。

凝った筋肉は、筋肉が固まっている状態なので、
それを引き離す工程として、
ソフトボールでグリグリして筋肉を引き離せば
筋肉が元の状態に戻り、
お尻の凝りが戻るという内容でした。

お尻トレーニングに関する書籍


タイトルとURLをコピーしました